腰痛 ストレッチ 寝相 歩き方 改善

仕事で重いカバンを持つようになってから・・・

 

最初に腰が痛くなって朝起きられなくなったのは今から5年前からで事務の仕事から営業の仕事に変わって重い営業用のビジネスカバンを肩にかけもう一つの手には手提げカバンを持ち歩くようになって3年位過ぎた頃からです。その時は1番酷く腰を動かすとピリピリと痛みが走り動けませんでしたが、トイレには行きたかったので必死に近くのイスに掴まり立ち少しずつ歩きました。私の部屋は2階でトイレは1階なのて痛みをこらえてトイレに行きました。その日はまた、布団に戻り1日中布団にいました。次の日が月曜だったので近くの整骨院に行き腰に電気をあててもらいました。それから腰の痛みは弱くなっていきました。次に腰が痛くなった日はお客様と商談で会う約束をしていましたので是非仕事に行こうと思っていたので必死でした。それからは持ち歩くカバンを少しでも軽くしようといつもカバンに必要ないものが入っていないかチェックしました。自転車がレンタルで借りれるのを捜し自転車を使うようにしました。

 

 

腰痛で悩んでいる方は多いですが、同時に高齢出産で悩みを抱えている方も多くおられます。
そこで、卵子の老化について知識をつけておくことをおすすめします。

腰痛予防のためにスポーツ教室に通い始めました!

 

去年の12月に駅の近くにスポーツ教室がオープンしましたので腰痛予防のために通い始めました。その教室の部屋の中には8種類のサーキット運動用の器具が円に並べてあり、その間にはボード板もならべてありボード板の上で足踏み運動します。サーキット運動用の器具はいろいろな運動が出来るようになっていて1周回ると10分位で1周終わると自分で自分の脈を測り水分を補給します。1日で3周して30分で終わります。この運動で体がほぐれてホカホカしてきます。運動の始めと終わりに軽く準備運動と終わりの運動します。この運動の中にお相撲さんがする四股踏みのような運動があり私は四股踏みの運動が腰にいいと聞いた事があるので特に力を入れてやっています。それから朝は6時には起きて6時半からのラジオ体操をしています。家のイスには腰にいい中央が丸く穴の開いているクッションを置いて座っています、冬の寒い間は腰を冷やさないようにカイロを腰の部分に貼って暖かくしています。

こちらの記事も人気です